menu
閉じる
  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. 身長と体重の比率を計算
  4. スタート時点での自分の体の状態を把握
  5. 体重ばかりを重視したダイエットは失敗しやすい
  6. 自分の体を対話しながらおこなう
  7. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  8. 急激な体重増加のことをリバウンド
  9. カロリーを気にしてあれもこれもカットは駄目
  10. 「憧れの体重」というのを持っている
閉じる
閉じる
  1. ダイエットを始める皆様へブログ:09月20日
  2. ダイエットを始める皆様へブログ:09月19日
  3. ダイエットを始める皆様へブログ:09月16日
  4. ダイエットを始める皆様へブログ:09月12日
  5. ダイエットを始める皆様へブログ:09月08日
  6. ダイエットを始める皆様へブログ:09月06日
  7. ダイエットを始める皆様へブログ:09月03日
  8. ダイエットを始める皆様へブログ:09月01日
  9. ダイエットを始める皆様へブログ:08月29日
  10. ダイエットを始める皆様へブログ:08月28日
閉じる

ダイエットを始める皆様へ

スタート時点での自分の体の状態を把握

31-07

でも、体脂肪率を測っておけばどれぐらい体脂肪が減ったのかが分かりますし、体のサイズを測っておけば、まだ見た目には分からなくても、ダイエット効果をサイズが減ったことで、実感することができますよね。半年~1年ぐらいのスパンで大幅なダイエットが必要な人の場合はダイエットをする必要がありますが、気合を入れる方法として、「来年の健康診断まで」というゴールを設けることで気合が入るのではないでしょうか。

たとえば、ダイエットを健康診断の結果が出てから始める、というのも良好ですね。運動によって消費カロリーを増やしたり、食事制限で摂取カロリーを減らしたり、努力していかなければなりません。

というのも、時間がダイエットの効果を感じるにはかかります。このような数字も測っておくのがおすすめです。

頻繁に体重は測っている人がうんとと思いますが、そのほかは如何にでしょうか?体脂肪率、バストやウエストなどのサイズ。ダイエットのモチベーションも維持しやすくなるのでサイズを測るのは面倒だと思われるかもしれませんが、ぜひトライしてみてください。

でも、脂肪が減ったのか如何にかも体重を測っているだけでは分かりにくいですし、見た目が目に見えて変わってくるまでにもタイムラグがあります。また、健康状態もダイエットを始めるときには知っておくとよりダイエットが楽しめるようになりますし、安全性も増します。

1キロ減らすために脂肪は約7000キロカロリーも必要です。なんとなく始めるのではなく、ダイエットを始めるときには、スタート時点での自分の体の状態を把握しておくのがおすすめです。

関連記事

  1. 31-08

    「憧れの体重」というのを持っている

  2. 31-10

    自分の体を対話しながらおこなう

  3. 31-02

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月04日

  4. 31-03

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月05日

  5. 31-07

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月15日

  6. 31-08

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月19日

おすすめ記事

  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  4. 身長と体重の比率を計算
  5. 急激な体重増加のことをリバウンド
ページ上部へ戻る