menu
閉じる
  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. カロリーを気にしてあれもこれもカットは駄目
  4. スタート時点での自分の体の状態を把握
  5. 自分の体を対話しながらおこなう
  6. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  7. 身長と体重の比率を計算
  8. 急激な体重増加のことをリバウンド
  9. 「憧れの体重」というのを持っている
  10. 体重ばかりを重視したダイエットは失敗しやすい
閉じる
閉じる
  1. ダイエットを始める皆様へブログ:08月17日
  2. ダイエットを始める皆様へブログ:08月14日
  3. ダイエットを始める皆様へブログ:08月13日
  4. ダイエットを始める皆様へブログ:08月10日
  5. ダイエットを始める皆様へブログ:08月07日
  6. ダイエットを始める皆様へブログ:08月03日
  7. ダイエットを始める皆様へブログ:07月31日
  8. ダイエットを始める皆様へブログ:07月28日
  9. ダイエットを始める皆様へブログ:07月27日
  10. ダイエットを始める皆様へブログ:07月25日
閉じる

ダイエットを始める皆様へ

ダイエットを始める皆様へブログ:11月08日

31-07

減量をして、
体重を落とすことはできても、
大腿部の脂肪はしぶとく、
細くするのは難しいと言われています。

それは、体重や体脂肪を落とすダイエットと
根本的に痩せる方法が違うからなのです。

大腿部は、
体の中でも太く大きい筋肉を持っているため、
その筋肉を鍛えることで、
それだけ脂肪を燃焼させることができます。

また、
筋肉をつけることで基礎代謝もアップしますので、
脂肪がつきにくく、あしを細くすることができます。

下半身にむくみがあると
いくらにシェイプアップ励んでも
下半身やももは細くなりません。

むくみがあると
脚の付け根にあるリンパ節に老廃物が溜まり、
リンパの流れが滞るので、老廃物等が蓄積します。

それが続くと
脚の付け根にセルライトができて、
下半身が太くなってしまう原因に…

むくみ解消には
お風呂でのマッサージや
脚を少し高くして寝るのが効果的です。

過度な筋肉はかえって太く見えてしまいますが、
脂肪を燃焼するためには、筋肉の働きも欠かせません。

普段なかなか、使わない太ももの内側の筋肉。
この部位を鍛えてあげることがポイントです。
ももの内側にある内転筋を鍛えるには
「足を閉じる力」を強化しましょう!

筋肉のつき方として、ももの前面についてしまうと、
横に広がって太く見えてしまいますが、
太ももの裏側に筋肉をつけていると横に広がらず、
筋肉をつけていてもももは太く見えません。

歩くときに意識を集中して、
ふくらはぎや尻の筋肉を使って
地面を蹴るように歩くといいですよ。
15分~20分以上のウォーキングは
有酸素体操にもなり効果的です。

筋肉を付けることで、リンパ腺の流れをよくし、
セルライトも減らすことができますよ。

マンゴフリーのことなら
マンゴフリーの最新情報
http://kirei-ni-naru.net/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%EF%BC%88%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%89%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%BC/

関連記事

  1. 31-10

    自分の体を対話しながらおこなう

  2. 31-02

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月04日

  3. 31-03

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月05日

  4. 31-07

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月15日

  5. 31-08

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月19日

  6. 31-05

    ダイエットを始める皆様へブログ:11月04日

おすすめ記事

  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  4. 身長と体重の比率を計算
  5. 急激な体重増加のことをリバウンド
ページ上部へ戻る