menu
閉じる
  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 身長と体重の比率を計算
  3. 急激な体重増加のことをリバウンド
  4. カロリーを気にしてあれもこれもカットは駄目
  5. スタート時点での自分の体の状態を把握
  6. 体重ばかりを重視したダイエットは失敗しやすい
  7. 自分の体を対話しながらおこなう
  8. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  9. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  10. 「憧れの体重」というのを持っている
閉じる
閉じる
  1. ダイエットを始める皆様へブログ:09月20日
  2. ダイエットを始める皆様へブログ:09月19日
  3. ダイエットを始める皆様へブログ:09月16日
  4. ダイエットを始める皆様へブログ:09月12日
  5. ダイエットを始める皆様へブログ:09月08日
  6. ダイエットを始める皆様へブログ:09月06日
  7. ダイエットを始める皆様へブログ:09月03日
  8. ダイエットを始める皆様へブログ:09月01日
  9. ダイエットを始める皆様へブログ:08月29日
  10. ダイエットを始める皆様へブログ:08月28日
閉じる

ダイエットを始める皆様へ

身長と体重の比率を計算

31-04

キログラム単位と体重ななりますが、身長はメートル単位に換算して算出します。体脂肪率が高すぎると肥満という判定になりますが、健康に体脂肪率が低すぎても弊害があるため、適性値であることが体脂肪率は理想的です。

算出が身長と体重だけで可能なBMIと比べると計測の難易度が沖雲ため、ようやく最近になって一般的に用いられるようになった指標です。「22」というBMIの計算式で算出された数値には基準値があり、22でBMIがあれば標準体重で、肥満であると25を超えると判定されます。

■男性は30歳未満が14~20%、30歳以上が17~23%■女性は30歳未満が17~24%、30歳以上が20~27%男性は25%、女性は30%という数値を超えると、肥満と判定され、この数値に収まっていれば適性値となります。体脂肪率の適性値は以下の通りです。

「ボディマス指数」とBMIとは呼ばれるもので、頭文字を英語で表記した際の並べたものです。国によってこの基準はばらつきがあり、25を超えた時点で日本では肥満と判定されますが、アメリカの肥満基準は30です。

体内に含まれる脂肪の比率を計測した数値のことが体脂肪率です。計算式については簡単で、「BMI=体重歎(身長×身長)」です。

肥満であるか如何かの判定が身長と体重の比率を計算することによって出来ます。

関連記事

  1. 31-09

    ダイエットを始める皆様へブログ:09月26日

  2. 31-05

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月10日

  3. 31-01

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月27日

  4. 31-08

    ダイエットを始める皆様へブログ:12月05日

  5. 31-04

    ダイエットを始める皆様へブログ:01月21日

  6. 31-08

    ダイエットを始める皆様へブログ:02月28日

おすすめ記事

  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  4. 身長と体重の比率を計算
  5. 急激な体重増加のことをリバウンド
ページ上部へ戻る