menu
閉じる
  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  3. 身長と体重の比率を計算
  4. 急激な体重増加のことをリバウンド
  5. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  6. カロリーを気にしてあれもこれもカットは駄目
  7. スタート時点での自分の体の状態を把握
  8. 「憧れの体重」というのを持っている
  9. 体重ばかりを重視したダイエットは失敗しやすい
  10. 自分の体を対話しながらおこなう
閉じる
閉じる
  1. ダイエットを始める皆様へブログ:07月25日
  2. ダイエットを始める皆様へブログ:07月21日
  3. ダイエットを始める皆様へブログ:07月20日
  4. ダイエットを始める皆様へブログ:07月18日
  5. ダイエットを始める皆様へブログ:07月15日
  6. ダイエットを始める皆様へブログ:07月11日
  7. ダイエットを始める皆様へブログ:07月07日
  8. ダイエットを始める皆様へブログ:07月06日
  9. ダイエットを始める皆様へブログ:07月04日
  10. ダイエットを始める皆様へブログ:07月01日
閉じる

ダイエットを始める皆様へ

「憧れの体重」というのを持っている

31-08

減量が10キロ必要、ということになりますね。たとえば「40キロ台にいつかなりたい」とか。

そこで、ダイエットを健康を損なわない範囲で成功させるために必要な期間、というのを考えてみましょう。4%だと2.4キロです。

4か月ちょっとで1か月あたり2.4キロずつ減らすことができれば、達成できる、ということが分かります。5%はやめておいて、若干頑張れば4%ならできそうですね。

たとえば、60キロの女性が、50キロになりたい場合。このとき「期間は4か月」と無理にせずに、「5か月」と余裕をもって設定しておいた方が気持ちにゆとりができてダイエットが成功しやすくなりますよ。

「1か月で!」というふうにここでなんとなく決めてしまうと実際には実行できなかったり、体に負担が成功してもかかってしまうことがあるので、計算を堅牢してみることをおすすめします。如何でしょうか?ダイエットを今の体重から目標体重になるためにするわけですが、期間をある程度区切ってダイエットをした方が成功率は上がります。

1か月あたり体重の2~3%、多くても5%までが健康に害を及ぼさずにダイエットするには、純良とされています。期限を決めていないからこそ、ダイエットをだらだらとして挫折したり、稍々減ったと思ったらリバウンドをまたしたり、ということを繰り返します。

「憧れの体重」というのをダイエットをする人の中には、持っている人も多額と思います。1.2~1.8キロ、多くても3キロを体重が60キロであれば、目標にしなければなりません。

関連記事

  1. 31-07

    スタート時点での自分の体の状態を把握

  2. 31-09

    体重ばかりを重視したダイエットは失敗しやすい

  3. 31-10

    自分の体を対話しながらおこなう

  4. 31-10

    ダイエットを始める皆様へブログ:09月30日

  5. 31-02

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月04日

  6. 31-03

    ダイエットを始める皆様へブログ:10月05日

おすすめ記事

  1. 男性にも悩みを抱えている人は非常に多い
  2. 特定の食べ物を食べることによって痩せる
  3. 太ももを引き締めてヒップを持ち上げる役割
  4. 身長と体重の比率を計算
  5. 急激な体重増加のことをリバウンド
ページ上部へ戻る